“拔”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
90.0%
ぬか2.2%
ぬけ2.2%
ぬい1.1%
ぬく1.1%
あつか1.1%
ぬき1.1%
ぬぎ1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
番目には露國文豪トルストイ傑作千古」とふのと、バンカラ喜劇小辰大一座ふのが、赤地いてあつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
暫く御待下されよと云に理左衞門はイヤ成ぬ此間より數日の責に白状せぬ強情者是非今日は骨をき肉をきても言さにや置ぬ譫言すな夫責よと下知なすを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
始めけるが元よりめなき者ゆゑ次第に繁昌なし此所彼處の屋敷又は大町人などの舂入合ければに手金銀もるに地面を求めて普請
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
むるに是も亦違もなき天下三品の短刀なりと拜見しりて大膳にし成程御證據の二品は慥なれ共天一坊殿に於ては僞物に相違なしといふ此時天忠席を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
左手にて押へ附れば庄兵衞はりてさに何をするぞとせもせず右手に懷劍もなく
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「板倉屋は拔け荷をつてゐるといふ評判を聽いたが——」
て胸先に押當れどもお梅はの事のみ心に勿々るゝ容子もなくさば殺し給へ決して隨ふまじと粂之進は刀をは拔たれどもより殺す心なければり居るを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ければ天一坊は常樂院を見るにを脱たりまた後を振返り伊賀亮左京をもに何も履物を穿ざれば天一坊も沓を捨ける夫より案内に從ひ行き遙か向を見れば一段高き
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)