“詠”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
74.3%
えい8.4%
うた7.0%
なが6.1%
よみ1.4%
ながめ0.9%
0.9%
ながめごと0.5%
エイ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし万葉の恋歌は、一々の歌の内容は単純であっても、それのまれた境位が必ずしも単純でなかったことを思わせるものがある。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
鹿なく山里じけむ嵯峨のあたりの——松風か、ぬるか、覺束なくひ、めてくほどに——
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
大衆はとかく感情をむき出しにいたがる傾きがある。その感情はもう飽き飽きして居る陳腐なものである。それは好ましくない。
俳句への道 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
りしと雖も小夜衣の事を思ひしに非ず只々便りをせざるのみにて我此家の相續をなさば是非とも早々身請なし手活の花とめんものを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
で……さっきのいたずら句屑が、どうかした拍子に、自分のほうへ飛んできたのに気がついて、ふと、その句を読むと
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
やれば向ふに燈火の光のちら/\と見えしに吉兵衞やくたる心地し是ぞひなき人家ならんと又も彼火目當
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
伊「そんな怖い顔をしなくってもいじゃアないか、私が悪ければこそ斯んなしい処に来て、小さくなってるので、徒然だから発句でもろうと思ってちょいと筆を取ったのだよ」
かく相讓る時に、そのへる人ども、その讓れるひき。ここに遂に兄儛ひ訖りて、次に弟儛はむとする時に、したまひつらく
巫覡の神懸りによつてする舞踊は、呪詞或は叙事詩を唱へてゐる間に、舞人自ら其主たる神或は人となつて歌ひ出す。即、一種のの形をとる事によつて、発達して来る。