“詠歌”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えいか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「なんでござります。はァ、御詠歌えいかと申しまして、それ芝居なぞでも能くやりますわなア——お鶴が西国巡礼に……」
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
元義は大丈夫を以て、日本男児を以て、国学者を以て自ら任じたるべく、詠歌えいかの如きはもとよりその余技に属せしものならん。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)