神州纐纈城しんしゅうこうけつじょう
土屋庄三郎は邸を出てブラブラ条坊を彷徨った。 高坂邸、馬場邸、真田邸の前を通り、鍛冶小路の方へ歩いて行く。時は朧ろの春の夜でもう時刻が遅かったので邸々は寂しかったが、「春の夜の艶かしさ、そこはかとなく匂ひこぼれ、人気なけれど賑かに思はれ」で …
作品に特徴的な語句
いやちこ のめ のび やつ 蒼白しろ おみな 混雑ごったがえ 容易いとやす すなわ ふん ゆわ じら きき 生活 遭遇めぐりあ 成長のび つばらか とざ うやま あつ 殿あみおか さそ 恢復よみがえ かしこ しゃ しば 嬰児みずこ 造作づくり 尋常ひととおり わし きょう たたえ 健康まめ みほと くたば たん 当然もっとも 癩病やめるもの 最後うしろ ぎぬ 普通ひととおり 蘇生さめ 退しさ 誘惑まどわし どてら ふさ 水槽みずぶろ おろ 衝突つきあ そら じき 湿しっ ちが はがい こご けがら ゆかり 暗黒くらさ まどか こっそ たとえ 囲繞とりまい ごろ つも あい 合唱こえ 寝所ねぐら 肋骨ほね すだ 頭髪おぐし 冒頭はじめ ともしび いたま かたら おぼめか きぬ もう 人生このよ あわ 天下あめがした 墜落おちこ かわ ししむら わたくし 傾斜かしぎ くしけ 彷徨さまよい 穿 茫然ぼんや 黄金かね 以前むかし 空虚からっぽ