神州纐纈城しんしゅうこうけつじょう
土屋庄三郎は邸を出てブラブラ条坊を彷徨った。 高坂邸、馬場邸、真田邸の前を通り、鍛冶小路の方へ歩いて行く。時は朧ろの春の夜でもう時刻が遅かったので邸々は寂しかったが、「春の夜の艶かしさ、そこはかとなく …
作品に特徴的な語句
覿面てきめん 薩摩さつま 紫檀したん 羊歯しだ 眷属けんぞく 越後えちご かば 気儘きまま もと 出雲いずも 幾個いくつ 突兀とっこつ 芍薬しゃくやく 凋落ちょうらく 閻魔えんま 亢奮こうふん 物憂ものう 御輿みこし 勿怪もっけ えくぼ 結城ゆうき かけい 波瀾はらん あぶみ 黴菌ばいきん 般若はんにゃ 血汐ちしお 籠手こて 裳裾もすそ つぐみ 失踪しっそう ろく 微風そよかぜ はく 茫漠ぼうばく 胡乱うろ 胡座あぐら 瑪瑙めのう 緑青ろくしょう 重畳ちょうじょう 石膏せっこう とう 禰宜ねぎ 白髯はくぜん 不躾ぶしつけ 奇特きどく たお 生血なまち 杜鵑ほととぎす 経帷子きょうかたびら 硯箱すずりばこ むし 臙脂べに 花弁はなびら 伯耆ほうき 脂肪あぶら 曲輪くるわ 剃髪ていはつ 干潟ひがた 猛々たけだけ 用捨ようしゃ 目論もくろ 眺望ながめ 畸形きけい 身顫みぶる 暴戻ぼうれい せり 手頼たよ 美作みまさか 断崖がけ 海棠かいどう 解脱げだつ あがな 峨々がが 手甲てっこう しとね かがり 蔵人くらんど 覚醒めざ 隅々すみずみ 焦立いらだ 羅刹らせつ 谿たに 昏倒こんとう 符牒ふちょう 樟脳しょうのう 涅槃ねはん 百舌鳥もず 老獪ろうかい 讃美ほむ 連翹れんぎょう びょう 無惨むごたら 河豚ふぐ 鍛冶かじ 婆羅門バラモン 気紛きまぐ 水干すいかん