“仄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほの77.0%
ほのか13.1%
ほのめ3.8%
ほん1.9%
ほんの1.6%
おぼめか0.3%
かす0.3%
そく0.3%
ひら0.3%
0.3%
ほのめか0.3%
ぽっ0.3%
ホノ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人が出入りするのを見かけたこともなく、いついても、店のなかはくらくしずまりかえっていて、チラとも人影が動かなかった。
がすぐにで、取附きがその位牌堂。これには天井から大きな白の戸帳れている。その色だけに明くって、板敷は暗かった。
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その草もない薄闇の路に、銃身を並べた一隊の兵が、白襷ばかりかせながら、静かにを鳴らして行くのは、悲壮な光景に違いなかった。
将軍 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
見ると、耳の根をのり紅くしてゐる。私は其儘室に入らうとすると、何時の間にか民子が來て立つてゐて
札幌 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
そこはまだ、い、白っぽい番小屋の、と切って、根岸の宵の、蛍のような水々したの中へ消込んだ。
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
行手の闇をして灯火の光が見えて来た。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「耳を、」肩を取って、口をつけ、二人はの下蔭にを交え、手を組んで、短いのと、長いのと、四脚を揃えたのがかに見える。お雪は少し離れて立って、身を切裂かるる思いである。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それはを踏みはずし、を踏み落して、住職や、有志家連をして、手に汗を握らしむる程度のものに相違ないから、その点の安心が、米友をして仮睡の夢に導いたと見らるべきです。
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
材木のは、堀の中にも、水が見えないほど浮いていた。そこから二、三町先のれはもう海で、闇の中に、の白いめきだけしか見えはしない。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
シイカが橋を渡るまでけっして外したことのない仮面が、の明りの中で、薄気味悪い無表情を示して、ほんのりと浮び上っていた。
(新字新仮名) / 池谷信三郎(著)
持つくらいのことにふしぎはないが、奥方の悋気は尋常なものではない、おれは、つまりそこだ、おれは、したのだ、——いいから云え、保本、おれのやりかたが卑劣だということは自分でよく知っているのだ
その間召使が炉に松薪を投げ入れ、室内がかり暖まってくると、法水は焔の舌を見やりながら、微かに嘆息した。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
天井の光りの輪が、元のまゝに、たゞかに、事もなく揺れて居た。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)