“仄黄色”の読み方と例文
読み方割合
ほのきいろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
火の海の表面から湧き起った仄黄色い水蒸気と、煙と、焔の一団が、渦巻き合いながら中空のへ消え入ると、あとに等身大の大の字の黒い斑点が残っていたが、それとてもやがて又
オンチ (新字新仮名) / 夢野久作(著)