オンチ
大戦後の好景気に煽られた星浦製鉄所は、昼夜兼行の黒烟を揚げていた。毎日の死傷者数名という景気で、数千人を収容する工場の到る処に、殺人的な轟音と静寂とがモノスゴく交錯していた。 汽鑵場の裏手に在る庭球場は、直ぐ横の赤煉瓦壁に静脈管のように匐い …
作品に特徴的な語句
アジ 敏捷はしこい かや はん 正直まとも いご 帰宅かえる 出勤でる 使つこ まがい 昨夜ゆんべ した わらい 出来でけ 地面じびた パイプ 退さが 黒烟くろけむり なり なり 後退あとしざ 普通ただ 退 ちげ 一撃ひとうち とこ 布片ぬのきれ はじ のち ゆびさ やみ 欄干てすり 汝輩われども 火傷やけはた 熱海あたみの 甲板デッキ まば しま 記憶おぼ しゃが 退 鉄片てつきれ ひま 雪崩なだ 一所いっしょ うち 中空なかぞら 交際つきあ 仇讐かたき 今朝けさ 佩剣はいけん 俯向うつむ 刹那せつな 剥出むきだ 取調とりしらべ かな インチ 呆気あっけ 呼吸いき 唾液つば くわ 喋舌しゃべ 噴破ふきやぶ 四隣あたり 固張こわば 在所ありか 坩堝るつぼ ふさ 外題げだい 大童おおわらわ むし 巨大おおき 布地きれじ 布片きれ 平炉へいろ ついで 引返ひっかえ 彼奴あいつ あと 悄気しょげ たし 折角せっかく こぶし きん