“中空”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なかぞら89.2%
ちゅうくう5.4%
なかそら2.7%
そら1.4%
ちゆうくう1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
して、したに、城趾天守だけつたのが、げて、中空るか、とつて胸毛い。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
中空には大なるきしき月を仰ぎ、低く地平線に接しては煙の如き横雲を漂はしたる田圃を越え、彼方遥かにの屋根を望む処。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
大きなお日さまがいくつもいくつも、しゅうしゅういいながらまわりました。すばらしくきれいな火魚が青い中空にはね上がりました。
らぬ海鳥しくいて中空れてんでいました。
黒い旗物語 (新字新仮名) / 小川未明(著)