太陽の子たいようのこ
明治四十二年——大正二年 製作の時期 兄と母に 此の作集を獻ずる 自序 今この詩集を出版するに就いて自分は何にも言はないで出すに忍びない氣がする。何ぜなら此の詩にある心持の凡ては悉く嘗て自分の全生命を盡くして踏んで來た片身だからだ。一歩進め …
作品に特徴的な語句
どよ ふるは にほ しん せい いかつ しづく 蒼白あをざ だか 微笑ほほゑ にほひ 精靈せいれい そら とどこ しはぶ よさ 振鈴ベル むづ 燐火フオスフオラス をは ちぎ 中空ちゆうくう 所々しよしよ 白晝まつぴるま 公然おほぴら かぶり こほ とど とほざ ばな かた きらめ 塵埃ぢんあい 水底みづそこ むな おく 羞恥しうち 人氣ひとげ とも 空洞ほらあな うなさ やはらか あぐ 冷笑れいせう はふ 追憶つゐおく たは すご あかる 砂丘さきう あひだ 執念しふねん きら 日中につちゆう とう こは 悔恨くい いと まは 幻想げんさう うしほ 工匠いへつくり 崩壞くづれ つかま じゆつ 燈明とうみやう ゆら じゆん くすぶ 新生ニウ・バアアス がた 牢獄らうごく 海鳥かいてう とひ 泰平やすらかさ がら おとがひ 午前ひるまへ 清水しみづ 暗黒あんこく たましひ 蒼白あをじろ 薄暗うすやみ ごみ 闇黒くらやみ うつろ こら ひそ 褪色たいしよく かど 海藻かいさう 日光につくわう 相間あひま