“新生”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しんせい50.0%
アラキ25.0%
ニウ・バアアス25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これでエドモンド・ベラールという存在が消滅し、ジェームス・ヘイーンズという人格が新生した。
悪の花束 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
ホントウに解放された青天井の人間になれ……という宣言を、新生のまま民衆にタタキ付けたのが基督で、オブラートに包んでり出したのが孔子で、おいしいお菓子に仕込んで
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
特に自分は『航海の歌』の或る部分を最も好く。そして自分は幾度か自分で叫んだ聲で自分を勵まされてその新生の年(大正二年)を送つた。自分は太陽の子である。
太陽の子 (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)