“暗黒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やみ35.3%
くらやみ25.0%
あんこく22.1%
まっくら7.4%
くらき4.4%
くらがり2.9%
くらさ2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
暗黒の中にじいっとしているような心持だった。ときどき人声がした。枕頭を歩き廻る跫音も聞こえた。眼も少しは見えるようだった。
源次の姿を吸い込んで行った斜坑の暗黒に向って、人知れずソッと頭を下げてみたいようなタヨリない気持にさえなったのであった。
斜坑 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ここでは月は、まるで大地のようにしなくがり、そして地球は、ふりかえると遥かの暗黒の空に、橙色に美しく輝いているのであった。
月世界探険記 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「私の前身は暗黒だった。ここへ来てようやく光りをみつけた。だがその光りは消えようとしている。そうしたら二倍の闇となろう」
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
何思う間もなくたちまち深井暗黒におちたるこの身は、何の楽しみあり、何のかいありて、世にらえんとはすべき。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
救いにった人々に仔細を話して、七兵衛も共々に其処らを尋ね廻ったが、何分にも暗黒と云い、四辺には森が多いので、更に何の手懸りも無かった。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「こういう所にも住む人がある。静寂暗黒、非人情! だがこれもいいかもしれない。恐らく悩みはないだろう」うっとりと仮面へ眼をやった。「まるで生首でも並んでいるようだ」
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)