“中心”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なかご17.9%
ちゆうしん17.9%
ちうしん15.4%
ちゅうしん12.8%
なか7.7%
たゞなか5.1%
まんなか5.1%
もなか5.1%
こみ2.6%
しん2.6%
たましひ2.6%
なかわた2.6%
センター2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
正宗相伝の銀河に大湾に、火焔鋩子の返りが切先長く垂れて水気るよう……中心に「建武五年。於肥州平戸作之盛広
冥土行進曲 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
さうして學者文學者も、かならずしも上流社會人々ばかりでなく、かへって位置中心つてるようになりました。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
平岡は其時中心に一種の神経を寄せてゐた。いても、んでも、強い刺激を受けさうな継目を、らず、ぴくつかせてゐた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
諭吉中心となって、くすりにかけあう手紙をかき、使者にいくのはだれ、おどかすのはだれ、と、それぞれのをきめて、かけあいにいきました。
お江戸京橋は亀島町を中心にして、狂女のお艶が姿を現わしたのはこの年も春の初め、まだ門松が取れたか取れないころだった。
我はを棄ての導者の我に約束したまへる甘き實をえんとてゆくなり、されどまづ中心までくだらではかなはじ 六一—六三
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
八幡様や太閤様の朝鮮征伐、天竺の交通のカナメ処になって、外国をピリピリさせていた名所旧跡は、みんな博多を中心にして取囲んでいるんだ。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
抑又塩土老翁に聞きしに曰く、東に美地有り、青山四周、……ふに、彼地は必ずに以て天業恢弘天下光宅るに足りぬべし、六合中心か。……何ぞきてらざらむや。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
この御免をきっかけに、彼はを持ち添えて中心に手を掛けた。それから注意ぶかく光線をうしろに据わりなおした。
寛永相合傘 (新字新仮名) / 林不忘(著)
家内中の口を奢らせぬようにする……と言うのが前の御寮さんの心掛けで、さすが大家の御寮さんは違うたもの……これならば蔵元屋の身代は万劫末代、大磐石と中心から感心しておりました
ロミオ 心臟此處ってゐるのに、ることが出來ようぞい? 土塊め、引返して、おのが中心しをれ。
第八 衣服精粗美惡分限るとも、肌着木綿フラン子ルをとす。蒲團中心しくきたるものをに、綿花らず穗苗藁其外きたるものをぶべし。
養生心得草 (旧字旧仮名) / 関寛(著)
登山の中心と云うほどではないが、まずオーベルラントのインテルラーケン、信州ならば大町で、案内と荷造りに一日つぶして、て次の日は起きぬけに麓までと云った、山懐の町である。
スウィス日記 (新字新仮名) / 辻村伊助(著)