冥土行進曲めいどこうしんきょく
昭和×年四月二十七日午後八時半……。 下関発上り一二等特急、富士号、二等寝台車の上段の帷をピッタリと鎖して、シャツに猿股一つのまま枕元の豆電燈を灯けた。ノウノウと手足を伸ばした序に、枕元に掛けた紺背広の内ポケットから匕首拵の短刀を取出して仰 …
作品に特徴的な語句
過失エラー 驚駭びっくり づみ あかり 退しりぞ 帷帳カーテン 所業しごと 痙攣ひっつ パイプ ほっそ 退さが 飾窓ショーウインド 判然わか がね ぬり 木葉きのは カーテン 幼稚ちいさ きわ 白塗しろぬり しら 窓飾カーテン 片端かたっぱし とも 鎺元つばもと 咳嗽がいそう そその かつ はしゃ 水気みずけ 大湾おおのだれ わたし 川縁かわぶち 巴里パリー 庇護かば きこ ななめ ばか 貴女あなた 目腐めくさ 真物ほんもの 真闇まっくら 睫毛まつげ あなぐら 立塞たちふさ 立竦たちすく 笑凹えくぼ 粟立あわだ 紙幣さつ 紫檀したん こん 絢爛けんらん 綾取あやど 緋色ひいろ 緞子どんす すが もつ かか 羅紗らしゃ 翡翠ひすい 肋骨ろっこつ 背後うしろ 胡乱うろん 藻掻もが うね 螺旋らせん あり すこぶ 鉄兜てつかぶと 鋩子ぼうし とざ ちりば かんぬき 附髭つけひげ すき 際立きわだ 露助ろすけ さや 馳上かけあが 黴毒ばいどく 黄臭きなくさ ひげ 髪毛かみのけ 馳付かけつ 額縁がくぶち 頭髪かみ くび 金釦きんボタン 風付ふうつ