“絢爛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けんらん97.7%
きらびやか1.6%
ゴウジャス0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三枝子は静枝が自分の前へ来るまで、孔雀のように着飾っている絢爛な彼女の着物を観察した。それが三枝子には一つの驚異だった。
接吻を盗む女の話 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
その絢爛さ! 鳩羽いろをした果しない蒼空が、エロチックな穹窿となつて大地の上に身をかがめ、眼に見えぬ腕に佳人を抱きしめながら、うつつをぬかしてまどろむかとも思はれる