“絢爛美衣”の読み方と例文
読み方割合
けんらんびい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と呼ぶ声に、ふと、眸をその方へ放ってみると、自分らの仲間とも思われぬ絢爛美衣の一貴人が、鞭をあげてさしまねきながら、裾野を横に駈けてゆく。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)