“孔雀”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くじゃく82.0%
くじやく17.1%
とり0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三枝子は静枝が自分の前へ来るまで、孔雀のように着飾っている絢爛な彼女の着物を観察した。それが三枝子には一つの驚異だった。
接吻を盗む女の話 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
若僧二人大なる孔雀の羽もて作りたる長柄のを取りて後に隨ひ、香爐搖り動かす童子は前に列びてぞゆく。輿に引き添ひて歩めるは
印度なる葉廣菩提樹の蔭にしてひろげ誇らむこの孔雀羽尾
河馬 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)