“とり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:トリ
語句割合
32.0%
22.5%
12.7%
11.5%
7.8%
3.4%
1.6%
1.0%
0.6%
真打0.4%
0.4%
止利0.4%
肚裡0.4%
0.3%
鶏肉0.3%
小鳥0.3%
肚裏0.3%
野禽0.3%
鳥肉0.3%
0.3%
鷄肉0.3%
0.1%
収穫0.1%
0.1%
孔雀0.1%
家鶏0.1%
徴收0.1%
0.1%
0.1%
牝鶏0.1%
0.1%
獵禽0.1%
禽鳥0.1%
西北0.1%
0.1%
雄鶏0.1%
飛者0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いやいや、」とった。「ただじゃア、二は、いません。それとも、その石臼さるなら、もう一いましょう。」
春はまだ浅き菜畠、白き日向あさるを、水ぐるままはるかたへの、窻障子さみしくあけて、ひとり見やれり、の青き菜を。
(新字旧仮名) / 北原白秋(著)
男のに自由選択の権利ある現在の状態では夫婦になって始めてその妻に不満をきこれを虐待するなどという事は、も直さず自分を
離婚について (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
大鷲神社の傍の田甫の白鷺が、一羽ち二羽起ち三羽立つと、明日のの売場に新らしく掛けた小屋から二三の人が現われた。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
夕月淡く柳がくれの招き行燈に飛ぶ落とす三遊亭圓朝が一枚看板、八丁荒しの大御所とて、んぞ沙弥より長老たり得べけむや。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
勘次卯平せつけるいたせて、戸口庭葢に三も四いたのであつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
よくるとハコべのいのだったので、ア、コリャ助からない、じゃあ有るまいし、と手に残したのを抛捨てると、一同がハハハと笑った。
野道 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
なしひ又お專か村方の組合も出て與惣次共々種々命乞嘆願におよびけれども何分其事はず其中に七日八日隙取ければ早傳吉はて昌次郎夫婦を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
玄關敷臺掃出しながら如何に相手が青年でも日がない故とぼけるにも餘程たはへし五十兩の仕業だからアノ位なる狂言はせにや成舞と長庵は微笑みつゝ居たりけり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
青山南町の久保本という中流の寄席だったが、そこから一月の下席、圓朝の道具噺を真打にして打ってみたいという交渉があった。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
売茶翁に問ば、これは山蔭の谷にあるなり、めしたまはゞすゝめんといふ。さらばとてひければ菜刀のなかへさら/\としてりいれ、豆のをかけていだせり。
伝説的に最古の仏師と目せられる鞍作止利が個人の名を残しているだけで、他に一名もわが名を残そうとして仏像や建築に署名した者も居らぬ。
飛騨の顔 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
この曲玉は馬琴が、八犬伝の中で、八百比丘尼妙椿を出すのに借用した。が、垂仁朝の貉は、ただ肚裡明珠を蔵しただけで、後世の貉の如く変化自在をめた訳ではない。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
時節にて、小千谷前川は海にするの大河なれば今しをすぐに庖丁す。はひ江戸にまされり。一日をてんぷらといふ物にしていだせり。
「まあ、何為でも宜うございますから、それでは鶏肉に致しませうか」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
此話に拠ると、会津に蒲生氏郷を置こうというのは最初から秀吉の肚裏に定まって居たことで、入札はただ諸将の眼力を秀吉が試みたということになるので、そこがかしい。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
そのかはり、彼女のすることなすことは、一々その外貌にまつたく似つかはしく、舟を漕がせれば、どんな猟師もかなはないくらゐ巧みに櫂をあやつるし、野禽も射てば、草刈人夫も厳重に見張る。
「三吉は何が好い。鳥肉でも食うか」と復た彼は弟を顧みて言った。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
先頃からそれがしもつらつら思うに、枳棘叢中鸞鳳む所に非ず——と昔からいいます。のようなトゲの木の中には良いは自然栖んでいない——というのです。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
だつてさ、蝦夷山鳥の入つたソースとか、鷄肉翼下のローストでも食べさせて貰へなかつたら……それこそ、あたし、どうなるか分らないと思つてよ。お粥にソースをかけたのだつて美味しいわ。
狂人日記 (旧字旧仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)
浮上とて見ゆる伊平屋嶽の如くに
首里城 (新字旧仮名) / 世礼国男(著)
いつたい一町歩からにしてどの位お収穫になりますか、ひとつ承はり度う存じますが。
相濟屑屋長八は娘お幸のりしを喜びて小切店に商賣替をなし家内益々繁昌しけるとぞ又大橋文右衞門は心懸天晴なる者に目を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
印度なる葉廣菩提樹の蔭にしてひろげ誇らむこの孔雀羽尾
河馬 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
家鶏の啼いた方角から、今度は、犬の吠え声が聞こえて来た。祭礼の夜である、夜盗などの彷徨う筈はない、参詣帰りの人が、遅く、その辺を通るからであろう。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
文句で、隨分奇妙な、らくは新派先生一派から税金徴收さうなではあつたが、に、滊船甲板にて、大佐軍刀後部し、朗々たる音聲にて
禪師見給ひて、やがて禪杖なほし、作麽生何所爲ぞと一喝して、たまへば、たちまち朝日ふがせて、かの青頭巾のみぞ草葉にとゞまりける。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
谷間ゆゑ雪のきゆるも里よりはくたゞ日のたつをのみうれしくありしに、一日の口の日のあたる所にたりし時、熊よりいで袖をて引しゆゑ
マニーロフはやって来るなり牝鶏を煮てくれと言いつけ、犢の肉はないかと訊く、羊の肝臓があれば早速それも注文するが、どれにもちょっと手をつけるだけだ。
く、無念瞋恚
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
カスタアドや乾酪のお菓子や佛蘭西の饅頭菓子を製造つたり、獵禽の翼や足を縛つたり、デザァトのあしらひのり方なんかを教はつてゐた。
その音が、この小さな島の中の、禽鳥昆虫を一時に飛び立たせて、遠い海中に消えて行きました。
瓶詰地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
始めは鴨居から西北で一里半も沖へ出たろう、あの通り烈しい風であったが風が東南風に変って元の所へ来たのだ、鴨居よりはと寄っているが、師匠此所真堀村えねえ
花は、率直にいえば生殖器である。有名な蘭学者宇田川榕庵先生は、彼の『植学啓源』に、「花は動物の陰処し、生産蕃息て始まる所なり」
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
コンドゥラート神父の梵妻のうちへ豚の姿で飛び込んで雄鶏の鳴き声をあげておいて、神父の帽子を頭にかぶりざま、もと来た方へ駈け去つただのと……。
庵主は、魚面人身、よく幻術を行のうて、存亡自在、冬、雷を起こし、夏、氷を造り、飛者を走らしめ、走者を飛ばしめるというである。悟浄はこの道人に月仕えた。
悟浄出世 (新字新仮名) / 中島敦(著)
よし十万坪といふ限られた世界に侏儒のやうな生活を営むとはいへ、せめて精神だけは大空をあまかけるでありたいのだ。
柊の垣のうちから (新字旧仮名) / 北条民雄(著)
妻が夫を忘れたときに鏡の破片がになつて夫に告げたといふことや、相思といふ女が男を戀ひ慕つて墓へ參り、木となつてしまつたが、それが相思樹といふのだとか
耳澄まし暫く聞けば
北村透谷詩集 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)