“酉”の読み方と例文
読み方割合
とり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今その上さんが熊手持って忙しそうに帰って行くのは内に居る子供がのお土産でも待って居るのかとも見えるがそうではない。
熊手と提灯 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
大鷲神社の傍の田甫の白鷺が、一羽ち二羽起ち三羽立つと、明日のの売場に新らしく掛けた小屋から二三の人が現われた。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
「うんにゃ、よくあるやつよ。こりゃあどうも惑信沙汰に違えねえて。」と半ば独言のように藤吉は憮然として、「今日はだのう?」