釘抜藤吉捕物覚書くぎぬきとうきちとりものおぼえがき06 巷説蒲鉾供養06 こうせつかまぼこくよう
「夫れ謹み敬いて申し奉る、上は梵天帝釈四大天王、下は閻魔法王五道冥官、天の神地の神、家の内には井の神竈の神、伊勢の国には天照皇大神宮、外宮には四十末社、内宮には八十末社、雨の宮風の宮、月読日読の大御神、当国の霊社には日本六十余州の国、すべて …
作品に特徴的な語句
ぺた かのと そこ かた ふた くれ さだん はした ひのと てん 耀ひか いき つく とど 逡巡ためらい よそ くえ 見当あたり 発見めっけ へた 当然あまりまえ のべ 生々せいせい 混入まぜ 後日のち くら 衣桁えこう 即刻いま 紙片かみ 生魚なま 姿かたち まが いど 鑑識めきき まわ つう あか 街路みち 凝視みつめ おびや 呪縛まじない 真実まこと 皮肌はだ 犠牲にえ なぞら やっこ はず 新鮮あざやか むくろ あら 万事よろず 黄泉よみじ 鬱気うつき 頭髪かみのけ つら 遺恨うらみ わだか 自然ひとりで 臀部しり 聯結つながり 犠牲いけにえ きれ かがや 決着きまり 毛髪かみのけ 残部のこり 旋風つむじかぜ りょう こす おのの 事実こと 外宮げぐう しら 大社おおやしろ 巫女いちこ こん 嗣子よつぎ こう 干支かんし もと 四肢てあし かたま 半平はんぺん 蝙蝠こうもり 蒲鉾かまぼこ 口寄くちよせ 胡坐あぐら 単衣ひとえ 花魁おいらん 荒布あらめ 臭気におい 葬式とむらい
題名が同じ作品
釘抜藤吉捕物覚書:01 のの字の刀痕 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:02 梅雨に咲く花 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:03 三つの足跡 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:04 槍祭夏の夜話 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:05 お茶漬音頭 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:07 怪談抜地獄 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:08 無明の夜 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:09 怨霊首人形 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:10 宇治の茶箱 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:11 影人形 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:12 悲願百両 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:13 宙に浮く屍骸 (新字新仮名)林不忘 (著)