釘抜藤吉捕物覚書くぎぬきとうきちとりものおぼえがき08 無明の夜08 むみょうのよる
「あっ!こ、こいつぁ勘弁ならねえ。」 いの一番に傘を奪られた勘弁勘次、続いて何か叫んだが、咆える風、篠突く雨、雲低く轟き渡る雷に消されて、二、三間先を往く藤吉にさえ聞き取れない。が、 「傘あ荷厄介だ。」 こう藤吉が思った瞬間、一陣の渦巻風が …
作品に特徴的な語句
仰向おうのけ まやか ちぎ ひょん ずら そっぽ 武士りゃんこ たて とき 発見めっ 中間あいだ 知人しりええ こめ 縁辺よるべ 途中みちみち つぶ 理解りけえ 徒然すさび 仇敵がたき あれ つく ふり 不審いぶかし 仰天びっくり 伴侶とも 塵埃ごみ あや 屍骸むくろ 後継あととり 曲木まがりぎ 最初はな 活動はたらき 目的あて 稼業しょうばい 結着つまり 逆上あが いかずち 一安かずやす 万事よろず 前後あとさき 前面まえ しら 夜陰やみ 嫉妬やきもち 担売かつぎうり 新刀あらもの 次第わけ 物盗ものとり ざま 独語ひとりご 白痴こけ 複雑こみい 見得けんとく 親戚みより 貸金かし 逡巡ためら くら 闇黒やみ しか 上框あがりがまち 丑満うしみつ ほとけ 仮寝うたたね 余韻よいん おか 凝視みつ 出張でば つの 博奕ばくち 右手めて 和気わけ 商人あきんど うそぶ 因由いわれ 図形えがた 固体かたまり 国事おおやけ 地点ところ 如才じょさい かが 巽上たつみあが 帰宅かえ 弦音つるおと 張子はりこ 彼男あれ 微塵みじん こころ 所在ありか 手慰てあそ ほう すく
題名が同じ作品
釘抜藤吉捕物覚書:01 のの字の刀痕 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:02 梅雨に咲く花 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:03 三つの足跡 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:04 槍祭夏の夜話 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:05 お茶漬音頭 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:06 巷説蒲鉾供養 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:07 怪談抜地獄 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:09 怨霊首人形 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:10 宇治の茶箱 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:11 影人形 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:12 悲願百両 (新字新仮名)林不忘 (著)
釘抜藤吉捕物覚書:13 宙に浮く屍骸 (新字新仮名)林不忘 (著)