“嘯”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うそぶ95.6%
うそ1.5%
ウソブ1.5%
うそぶき0.7%
ウソフ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
るに形躯変幻し、依附し、り雨湿うの、月落ち横たわるのいて声あり。其のえどもることなし。
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
というよりは、うつつに、の前でびながら、そらぶいていたといったほうが近い。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
まるで、きする海女二十尋三十尋底から浮び上つてく樣に、深い息の音で、自身明らかに目が覺めた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
父母のおん為に。経の偈文謄写して。前なる山川におし流し。春は花を手折て。仏に手向奉り。秋は入る月にて。西天めり。
まるで、きする海女二十尋三十尋底から浮び上つてく樣に、深い息の音で、自身明らかに目が覺めた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)