“変幻”の読み方と例文
旧字:變幻
読み方割合
へんげん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
当時、自他ともに「斬りくジャック」と呼んで変幻きわまりなく、全ロンドンを恐怖の底に突き落としていた謎の殺人鬼があった。
女肉を料理する男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
るに形躯変幻し、依附し、り雨湿うの、月落ち横たわるのいて声あり。其のえどもることなし。
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
沙汰するのも、彼のこういう謀略的性格の変幻出没をさしていうのかもしれない。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)