牡丹灯籠 牡丹灯記ぼたんどうろう ぼたんとうき
日本の幽霊は普通とろとろと燃える焼酎火の上にふうわりと浮いていて、腰から下が無いことになっているが、有名な円朝の牡丹燈籠では、それがからこんからこんと駒下駄の音をさして生垣の外を通るので、ちょっと異様な感じを与えるとともに、そのからこんから …
作品に特徴的な語句
ねん おもい はろ みん じょ しん こう 新墓しんはか もと うしろ とう 直衣なおし 饒舌おしゃべり かく ぐう うしの くゆ さい 湿うるお みい きゅう 気病きやまい なく からま 何人たれ おく じぶん 寧波にんぽう ほとり 黎明よあけ もぐ ごろ いわ たたり わらわ かじ 結果あげく 明州めいしゅう かい そう うれ うしろ 寛文かんぷん いずく 婢女じょちゅう よう むすめ こう 遊人ゆうじん 邪鬼じゃき 名字めいじ 其後そのあと 僑居かりずまい こう きい ぜん もと たい すで ほと 娘子じょうし 歿ぼっ 矯誣きょうぶ あざな しつ ゆる ほうむ ひつぎ かざり 月下げっか から うつばり けだ 今日きょう また げん しもべ のち かわず かすか おも