“寧波”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ニンポー50.0%
ニンパオ25.0%
ニンポウ12.5%
にんぽう12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これよりして支那国古来の政法だ錯乱し、海口五処を開いて欧羅巴人の地となさしむ(五所の地方は即ち広州、福州、寧波厦門、上海という)
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
寧波のお時を小間使に化けさせ、まず邪魔な惣領のお梅を砒霜の毒で気長に盛り殺し、怪談の『金鳳釵』を種本にこまごまと書きおろしたこのひと幕。
顎十郎捕物帳:20 金鳳釵 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
そこでまたじっと見澄ましていると白鉢巻、白兜の人が大勢いて、次から次へと箱を持出し、器物を持出し、秀才夫人の寧波寝台をもち出したようでもあったがハッキリしなかった。
阿Q正伝 (新字新仮名) / 魯迅(著)
牡丹燈記の話は、明州即ち今の寧波喬生と云う妻君を無くしたばかしのい男があって、正月十五日の観燈の晩に門口に立っていた。
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)