阿Q正伝あキューせいでん
わたしは阿Qの正伝を作ろうとしたのは一年や二年のことではなかった。けれども作ろうとしながらまた考えなおした。これを見てもわたしは立言の人でないことが分る。従来不朽の筆は不朽の人を伝えるもので、人は文に …
作品に特徴的な語句
敵愾心てきがいしん うそ もも 謀叛むほん 皆目かいもく 透間すきま 仕来しきた 毛唐けとう 森閑しんかん 正気せいき 毎月まいげつ 恐懼きょうく 折柄おりから 気紛きまぐ かど 擾乱じょうらん たら 寡婦ごけ 白壁しらかべ 著物きもの 出遇であ 口籠くちごも 他処たしょ 吩咐いいつ 無性ぶしょう 人混ひとご 大跨おおまた 徽章きしょう 当前あたりまえ 四度よど 喚起よびおこ 見聞けんもん 歴々れきれき 一疋いっぴき 塞翁さいおう 粟立あわだ 日傭取ひようとり 俘虜とりこ 花押かきはん 追払おっぱら 縁喜えんき 端緒たんしょ さし まがき 引掴ひっつか 行届ゆきとど 顔付かおつき らい 返辞へんじ かさ 世嗣よつ 贓品ぞうひん 単衣物ひとえもの 落著おちつ 黒暗くらやみ いざ 聴耳ききみみ 後嗣あとつ つい そむ 拠所よんどころ 白金巾しろかたきん おみや 一幕ひとまく あわ ワン けん 妲己だっき 定例じょうれい わた 老酒ラオチュ 股倉またくら 首斬くびきり あやま ちょう 火光かこう 突放つっぱな 悪鬼あくき 誰某たれそれ 弧線なりせん 売淫ばいた かたき 赤坊あかんぼう 身中みうち 憤々ぷんぷん 博奕場ばくちば 引締ひきし 跪坐きざ 蒼蝿うるさ ほこ 附届つけとど 被仰おっしゃ 九分くぶ りょう 仏参ぶつさん