“考”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かんが71.7%
かんがえ19.8%
かんがへ3.6%
かんげ2.3%
かん1.2%
こう0.3%
かんがう0.3%
えが0.2%
かう0.2%
かうがへ0.2%
かんか0.2%
けんげ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、東京奉公にくるときに、さんはなにをってやろうかとえました。二人れてしまわなければなりません。
赤いえり巻き (新字新仮名) / 小川未明(著)
明治七年の四月になって河野は大阪から泉州の貝塚へ移り住んだ。その時分から彼の敬神のは非常に突きつめたものになっていた。
神仙河野久 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
草花も蝶に化する事本草にも見えたり。蝶の和訓をかはひらこといふは新撰字鏡にも見えたれど、さかべつたうといふ名義ず。
「そんなこと言ったって、つあまや。何しろまだ十六だもの……裁縫えにもやんねえのだもの、えで見ればこのわらしも……」
緑の芽 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
其所唱歌一件だがね、色々がへたが今更唱歌にもぶまいとふのだ如何だらう。『ろ』で澤山じやアないか。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
に、「御字を補ひつ」と云ったのはに過ぎた観があってもは真相を伝えたものかも知れない。「中大兄三山歌」(巻一・一三)でも「御」の字が無い。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
これの事情をもってるに、今の成行きにて事変なければ格別なれども、万に一も世間に騒動を生じて、その余波近く旧藩地の隣傍に及ぶこともあらば
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
それとも、もっとさしせまったそののことをえていたのか?
火を点ず (新字新仮名) / 小川未明(著)
そこで先生がきをると「ヰルナラタヅネル」一字のことだ。一考してして辭句めた。「ヰルナラサガス」れなら、局待二字分がきちんとる、うまいでせう。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
どころかしろうとに寫眞などせるものではないといふやうなへのある時だつた。