“御考”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おかんがえ75.0%
おかんがへ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御考”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
——いな、もし皇太子殿下が皇后陛下の御実子であったなら、陛下は御考おかんがえがあったかも知れぬ。
謀叛論(草稿) (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
「生殖の途を外にして到底没交渉なのではないか」といわれるのは、生殖の途にばかり興味を持っておられるらしい今の一部の文学者のへきした御考おかんがえではありますまいか。
産屋物語 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
貴方あなた、なんとか御考おかんがへが附きませんか。』
執達吏 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)