執達吏しったつり
(壱) 眞田保雄の事を此の十年来何かに附けて新聞雑誌で悪く書く。保雄は是と云つて私行上に欠点のある男でも無く、さりとて文学者としての彼の位置が然う文壇の憎悪を買ふ程に高くも無い。其の癖新体詩家である保雄は不断相応に後進の韻文作家を引立てゝ、 …
作品に特徴的な語句
とゞごほ まはし 上下あがりおり おつしや をなご 確乎きつぱり まじは ばう かゝ かは 花瓶はなかめ さが いづ こゝ そう はらひ とほり いたは 生活くら さう はら ぶり 良人おつと 充満いつぱい とほざ やつ さだま とゞこほ 仮令たとへ げつ たまた なまめ 所為せゐ 芸妓げいしや おもひ 引移ひきうつゝ つひや 貯蓄たま かは たましひ 町家ちやうか 瓦斯ぐわす つもり 継児まゝこ 綿入めんいり わづか 月末げつまつ どころ くるし いきどほ をし 悪戯いたづら 御考おかんがへ こら ぜん ぶん それ うしな づくり 八歳やつつ 余程よつぽど 体裁きまり かぢ 持前もちまへ がすり のが 冥加みやうが 洗洒あらひざら 六歳むつつ すま おさ つか 良人をつと あし 金子かね えん しろ 此処こゝ はれ さは 一寸ちよつと もん きま 阿父おとう