“冥加”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みょうが81.6%
みやうが12.3%
みゃうが1.8%
めうが1.8%
みようが0.9%
めいか0.9%
ミヤウガ0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こよいの一に加わって、仇家の門を第一に打ち破ることは、彼に取って、もう死んでもよい気のする程、冥加に思われる歓びだった。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
流しらず公儀の御調べに相成し事冥加至極有難く存じ奉つる然らば現在の申上候はんが私し儀何等の意趣も之なき惣内夫婦を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ロレ 冥加あらせたまへ! れぢゃ、早朝に、なつかしい聲音は? ほう、早起は、煩悶のある證據ぢゃ。
不思議なるばれし三人から海原幾千里、ひとしく運命してるのであるが、冥加といふものがるならばきに印度洋支那海にも
「まず、しかしながら、武士と見られた、もってすべきでござる、船には一門、海賊に備えて砲が積んでありました、移民船が戦艦と見られた——か、これまた冥加々々」
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
阿耨多羅三藐三菩提の仏たちわが立つ冥加あらせたまへ
歌よみに与ふる書 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
ソノ分ニ候ヘバ、侍ノ冥加アリテ、長久タルベク候。分別専用ニ候フ事。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)