歌よみに与ふる書うたよみにあたうるしょ
歌よみに与ふる書 仰の如く近来和歌は一向に振ひ不申候。正直に申し候へば万葉以来実朝以来一向に振ひ不申候。実朝といふ人は三十にも足らで、いざこれからといふ処にてあへなき最期を遂げられ誠に残念致し候。あの人をして今十年も活かして置いたならどんな …
作品に特徴的な語句
おおせ いちじるし せい 掛合かけあわせ 冥加めいか 調ちょう はな こだわ 御思おんおも ただち はた いり したがっ つまびら あし もっとも 小舟おぶね まかり ぞんじ いたし もっとも 如何いかが いお ただし 大海おおうみ 外面とのも さかん あなが あい およそ つまびらか しょう ことごと あた たくみ おのずか 自惚うぬぼれ ばば 如何いかん ねぶ えん おおい ろう すすき 御尤ごもっとも おぼ うらみ あやまり におい やせ 武士もののふ おそ つら まよい 内外うちと 仕掛しか 無之これなき いい はなはだ たのし 気遣きづかい はるか 間敷まじき もち 不尽ふじん 有之これある まさ さび 無之これなく 海人あま 浅見せんけん 流行はや 紅葉もみじ ごう すみれ ほとん こと 比良ひら すべ 綺麗きれい まぎ 泥鼈すっぽん 法螺ほら 素人しろうと
題名が同じ作品
歌よみに与ふる書 (新字新仮名)正岡子規 (著)
歌よみに与ふる書 (旧字旧仮名)正岡子規 (著)