“素人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しろうと94.3%
しろと2.5%
しらうと1.1%
アマチュア1.1%
アマチュアー0.2%
たゞのひと0.2%
アマトウル0.2%
アマトウール0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
予は教育に於ては素人なれど、日本国民を如何に教育すべきか、換言せば教育の最大目的は如何との題下に一述べてみようと思う。
教育の最大目的 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
素人にはむづかしいといふ、鰻釣の糸捌きは中でも得意で、一晩出掛けると、湿地で蚯蚓穿るほど一かゞりにあげて来る。
夜釣 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
とにかく、将棋もしまひには素人八段といふところまで進み、将棋界として忘れてはならない恩人であつた。
駒台の発案者 (新字旧仮名) / 関根金次郎(著)
岩魚釣を専門にしている、さる農家の老人をひとり知っているが、その他に所謂素人で、ひそかに釣に出るような人もある。
月夜のあとさき (新字新仮名) / 津村信夫(著)
われわれ素人鑑画の立場からいえば、しいて、武蔵は誰に師事したとか、その画系は誰に依るという追究はそう重要なことではない。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
殺して金を盜み取しことを三五郎へした時に三五郎が異見をして博奕打や盜人の金を又は殺したり共同じ罪でも罪科は輕い素人
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「叔父さんのは素人の研究だから一層興味が深いんでしょう。」
恩人 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
素人の「芸術研究団体」といふものがあるのを聞きませんでした。
二つの答 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)