“素人細工”の読み方と例文
読み方割合
しろうとざいく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは、とても器用な、素人細工とは思われぬ、三つ組みの、親指程の印籠で、細かく楼閣から、人物やらが刻まれていた。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
絵画は稍々原始的な石版刷りで、恐らくインドラという神の図であった。笛は幾らか寸の足りぬ安価相な出来で、その末端に、素人細工らしい赤銅の鎖が付けてあった。
ラ氏の笛 (新字新仮名) / 松永延造(著)
石垣の工合から、桟橋の様子を眺めましたが、石垣には何の異状もなく、ただ、一箇所桟橋の板を縛った縄が解けたのを、素人細工で結び直したところが眼についただけです。