“工合”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぐあい76.4%
ぐあひ19.0%
ぐあ3.8%
ぐえゝ0.4%
ぐえい0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あのときは一月ほども野宿したという、今度もこの工合では一月ぐらいは野宿しなくてはなるまい、大変なことになった、と思った。
地異印象記 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
「ははあ、そいつはどうもとんだご災難でございました。しかしいかゞでございませう。こんども多分はそんな工合に参りませうか。」
楢ノ木大学士の野宿 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
「どうも初めてというものは、工合いの悪いものでしてな……私などもつい三月ほど前にここに来たのですが、始めは弱りましたよ」
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
「さうだよ、まつせえよおめえ、めでゝえだから、威勢つければおめえ身體工合だつてちつとならつちやあよ」さんめた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
今の利齋ぐれえにゃアす積りだが……むゝあの鹿島さんの御注文で、島桐の火鉢と桑の棚をえたがの、棚の工合は自分でもく出来たようだから見てくれ
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)