名人長二めいじんちょうじ
序 三遊亭圓朝子、曾て名人競と題し画工某及女優某の伝を作り、自ら之を演じて大に世の喝采を博したり。而して爾来病を得て閑地に静養し、亦自ら話術を演ずること能わず。然れども子が斯道に心を潜むるの深き、静養 …
作品に特徴的な語句
不便ふびん きず かんな そゝ ひよどり 合槌あいづち 熨斗のし 胡座あぐら 御法度ごはっと 湯治とうじ 鶏卵たまご 堅気かたぎ 奇特きどく 拳骨げんこ 落語家はなしか 定紋じょうもん 瓦解がかい 科人とがにん たね 名告なの 処刑しおき 宝物ほうもつ 高祖頭巾こそずきん 逆手さかて 太息おおいき 書付かきつけ 声高こわだか さき 翌年あくるとし 後影うしろかげ 相州そうしゅう 五歳いつゝ 肩衣かたぎぬ かわ 気位きぐらい 素読そどく 鉋屑かんなくず 鹿島かしま 一群ひとむれ 握拳にぎりこぶし 夕方ゆうかた 烟管きせる 出奔しゅっぽん 鳩尾むなさき すゝ 山間やまあい 経師屋きょうじや 臓腑はらわた 世帯しょたい 詫言わびこと 鑑定めがね 彫物ほりもの 毎晩めいばん はり 居所いどこ 蹴飛けりと 高髷たかまげ 両眼りょうがん 二足ふたあし 啼声なきごえ 容体ようだい 御道理ごもっとも 曲物まげもの かゝあ まさ 仮声こわいろ 広袖ひろそで 店前みせさき 煮焚にたき 訴人うったえにん 江戸こっち 御沙汰ごさた 相伴つきあ 一伍一什いちぶしじゅう 媒妁なこうど 歯軋はぎしり 独身ひとりもの 大根でいこ 退引のっぴき 惣菜そうざい 雑言ぞうごん 捷径ちかみち 経机きょうづくえ 捕縄とりなわ 知合しりえい 日暮ひくれ 飯焚めしたき 柔順おとな 放埓ほうらつ つと 御心みこゝろ 台所だいどこ 唐繻子とうじゅす 離家はなれ 川原かわら 九歳こゝのつ 無遠慮ぶえんりょ 囚人めしゅうど 閉籠とじこも