名人長二めいじんちょうじ
序 三遊亭圓朝子、曾て名人競と題し画工某及女優某の伝を作り、自ら之を演じて大に世の喝采を博したり。而して爾来病を得て閑地に静養し、亦自ら話術を演ずること能わず。然れども子が斯道に心を潜むるの深き、静養の間更に名人競の内として木匠長二の伝を作 …
作品に特徴的な語句
やっ わっちゃ 彼方かれかた すくの 可愛かえい びく しげ むご ひど けい 兄弟きょうでい まんだ これ 昨日さくひ たれ 可愛かわえ 尋常ひとゝおり うみ ぐれ あろ たゞ よっ 逡巡あとじさり ふっ なけ たゝ さが でけ こん なげ じょう ばた めい 関係かゝりあい はな 何所どけ 此家こっち ほんと 近傍もより 仔細しせい ねえ 大嫌でえきら でか こッ おっか 打棄うッちゃ 打切ぶッき 技術うでまえ 投込ぽりこ 手伝てつで がん 相成さがしげ 何処どけ てえ わっち 外見うわべ 打捨うちゃっ 相伴つきあ ちい 打付ぶッつか 平生へいせい とけ なず 捕縛ふんじば たっ わり 厄介やっけい かば おべ すくね すかし 良人うちのひと 孩児ねゝっこ 身上みじょう おっ 媒介とりも なくな 行掛ゆきがゝり ふくろ けがら つッ 何処どっ 襁褓しめし 此辺こけいら 何方いずかた 大根でいこ 兄弟きょうでえ とけ とゞこお そう 生涯しょうげえ とめ 瞬間またゝくま