“粗暴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そぼう46.2%
あら15.4%
そばう15.4%
あらあら7.7%
がさつ7.7%
てあら7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『数右衛門ではめずらしくない事だ。……源吾。そちにも、云い含めておいたはずではないか。ちと、あの粗暴め直すようにせいと』
濞かみ浪人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
取次いでも無益なれば我が計ふて得させんと、甘くへば附上る言分、最早何も彼も聞いてやらぬ、帰れ帰れ、と小人の常態とて語気たちまち粗暴くなり
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
領主 曲事ゆゑに、即刻追放申附くる。汝等偏執予等までも卷込まれ、粗暴鬪諍によって血族血汐した。わが不幸汝等にもます、きびしい科料さうずるわ。
私の粗暴しい語気に吃驚したのであろう。一瞬嫂は呆れたように私を見上げて膝を突いたが
逗子物語 (新字新仮名) / 橘外男(著)
ロミオ なに、温柔しい? 温柔しいどころか、粗暴殘忍ぢゃ。荊棘のやうにすわい。
又何程粗暴に取扱いましても毀れる事がないと申すことでございます、左様な名人で多分な手間料を取りますが、衣類などは極々質素で、悪遊びをいたさず
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)