“がさつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
粗雑44.4%
我殺11.1%
我雑11.1%
粗暴11.1%
粗野11.1%
軽卒11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ふと異しい物音がした、キキと何かを引つ掻くやうな、……と思ふとまた性急に、然し怖々と、否寧ろ時折は粗雑四肢で引つ掻きちらす悪戯な爪の響——それが絶間もなくキキとキキと続いてくる。
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
六郎 こゝらの長屋にゐる者は我殺な奴等ばかり揃つてゐるので、他國のお方にはお恥かしうございます。して、おまへさんは誰をたづねてお出でなすつた。
権三と助十 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
富「いえ、それは余りで、此の通りの我雑ものを」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ロミオ なに、温柔しい? 温柔しいどころか、粗暴殘忍ぢゃ。荊棘のやうにすわい。
けれども果断に違なかった。彼女はどうしても彼を粗野とか乱暴とかいう言葉で評する気にならなかった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
女性の誰もれない愛情の潜んで居るのぢや無からうかと思ふんですよ——私などは斯様軽卒なもんですから、直ぐ挙動にはして仕舞ますがネ、貴嬢の様に強意した方は、自ら抑へるだけ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)