“刺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
41.1%
とげ32.2%
8.6%
ささ3.9%
はり2.6%
さし2.6%
そし1.3%
1.3%
さゝ1.0%
1.0%
0.7%
0.3%
ゑぐ0.3%
あざけ0.3%
いが0.3%
さす0.3%
0.3%
つあ0.3%
0.3%
0.3%
ほり0.3%
ぼり0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
眞新しい紅白の鈴ので縛り上げられた中年者の男が、二た突き三突き、匕首されて、見るも無慙な死にやうをして居るのです。
グイミは杭実、すなわち換言すればの意である。すなわち刺枝ある樹になるのでグイミ、それが略されてグミとなったのである。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
を通じて家にはいると、三人警部と茶を飲んでおった主人は、目ざとく自分を認めた。僕がいうくやみの言葉などは耳にもはいらず。
去年 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
天井から、釣鐘が、ガーンと落ちて、パイと白拍子が飛込む拍子に——御矢咽喉った。(ずまいを直す)——ははッ、姫君。
多神教 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
皆まで嘘でなかろう、虎が蝟に制せらるるは昨今聞かぬが豪猪つとてそのに犯され致命傷を受くる事は近年も聞くところだ。
女の方は三十二三でから乗り出して子供を抱えようとした所を後方からグサッと一に之も左肺を貫かれて死んでいる。
琥珀のパイプ (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
らせ炯々と眼を光らせた子路の姿が遠くから見え出すと、人々は孔子をる口をむようになった。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
矢立を差してるなら此処へ出しねえ………斯う十文字にして、の根性は曲ってるからまた……斯う三角なものをって置いて遣る
夫が見兼て此の娘はが貰ったと傍に有りました刀掛の脇差の小柄を取りまして投げ附けますと、其の娘の乳の辺へりました
文身ひとつからだにきずをつけずに、今まで暮して来たのだ——長さんの名前だって、二の腕にれやあしなかった——だけど、ねえ、太夫、おめえの名なら
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
「この僕のは太るんじゃない、腫れ上がったのさ」と彼は答えた、「蜜蜂にられたもんでね。」
(新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
のげあせんのいなんち野郎したつてつとも、らだら立派てゝせらな、卯平確乎しろ、らだら勘次等なゝうんちあせらな
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
て見るに口中をられみて居りしかば是は大變々々とに親父の五兵衞も駈付て五郎藏が殺されたりとは夫れは如何せし事ぞと死骸を見てヤヽ是はと尻餠
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
嘗て査列斯四世をりて、徳の遺傳せざるをば、汝に於いてこれを見ると云ひき。羅馬と巴里とより、月桂冠を贈らんとせしとき、ペトラルカは敢てち受けずして、三日の考試に應じき。
苧だまきを栗のたれはなむすび日はへぬれども止まぬ雨かも
長塚節歌集:1 上 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
る鐘耳元に響き渡り寒風肌膚が如く一待遠く思ふに就我家の事を氣遣母樣が御目を覺され此身の居らぬを尋ねはし給はぬか然共折角是迄來りしを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
あの牙で人間の皮膚をきとほす事はまあ出来ないといつてもいゝ位六かしい事だ。大胆な研究者達は、自分達を我が国のいろんな蜘蛛に刺させた。
刄物しても一である。蛸壺にはさな穿たれてある。からふつとけるといてするとからげる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「——騒ぐのはおよしなさい。わたしの側には手頃な小刀がありますからね、じたばたするとを窓板へ、の首をめるように、プツンと縫ってしまいますよ……」
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
なあにれ、蜀黍つたにや勘辨しめえとつたんだつけがお内儀さんにらツたから我慢したんだ、卯平だらしてやんだ、いやれにや本當られつとも
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
と云ったが、脊中の刺青がれまして滅茶になりましたから、直ぐ帰りに刺青師へ寄って熊にかえて貰い、これからの亥太郎と云われました。
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
刺青会で好評を博す刺青の多くは彼の手になったものであった。達磨金はぼかしが得意と云われ、唐草権太は朱刺の名手と讃えられ、清吉は又奇警な構図と妖艶な線とで名を知られた。
刺青 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)