“文身”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほりもの52.6%
いれずみ36.8%
ほり5.3%
がまん2.6%
ぼり2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひお前の文身を洗ひ落すに、一皮いでやらうぢやないか、石原の利助を三助にするなんざア、お前に取つちや一代のほまれだ
見れば判るぜ。明白な青酸中毒なんだ。だが法水君、この奇妙な文身のような創紋はどうして作られたのだろうか? これこそ、奇を
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
長脇差を抜いたてまえにも、お粂を取巻いた、文身庄の身内が、こう息まいて押しのけようとすると
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、後、先、そろって、大の男が、しかもからだ中、文身を散らしているのが、一どきに、五間も飛び退いてしまう。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
伊兵衛はスジ文身のある二の腕をゴシゴシこすりながら
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)