“文身御法度”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほりものごはっと50.0%
ほりものごはつと50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文身御法度」になりましたが、大体この競技会の型は、維新近くまで頻繁に催されましたから、年を取った方で、今に記憶している向きも少なくないことでしょう。
天保の御改革に一度、文身御法度になりましたが、大體この競技會の型は、維新近くまで頻繁に催されましたから、年を取つた方で、今に記憶して居る君も少くないことでせう。