“ほり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ホリ
語句割合
54.5%
12.3%
7.9%
7.9%
捕吏5.1%
彫刻3.8%
1.4%
1.0%
文身0.7%
保利0.7%
0.7%
0.7%
埔里0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
掘夫0.3%
0.3%
0.3%
濠渠0.3%
穿0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こんな民土のったのも、正に明智領になってからである。こよいもをこえ、狭間をこえて、城下のが本丸まで聞えていた。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
という堀には水がいっぱいで、堀ばたにはフキの花がひらき、石壁の上にえている草のみは、つやつやとして褐色になっています。
彼らはえいえいと鉄条網を切り開いた急坂を登りつめた揚句、このまで来て一も二もなくこの深いの中に飛び込んだのである。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
いあんばいに、天人の彫りは無事で、げた箇所波形だけですが、その波形はでなくって、みんな、薄い板が組み合せてあるのです。
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
そうして夫れは事が破れて、江戸は品川八ツ山下の御殿で、多くの捕吏囲繞まれ、腹を掻っ切ったその時まで、彼の心を捉えたのである。
首頂戴 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
金梨地を見るような日光が、御縁、お窓のかたちなりに射しこんで、欄間彫刻金具御紋、襖の引手に垂れ下がるむらさきの房、ゆら
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
拔手も見ずれと突立れば哀むべし天一は其儘其處へ倒れ伏ぬ天忠は仕遂たりと法衣を脱捨をからげ萬毒の木の根をて天一が死骸
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
その頃になりますと、この半年ほどを築いたりを掘ったりしてみ合いのでおりました東西両陣は、京のぐるりでそろそろ動き出す気配を見せはじめます。
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
尾類が紅いどくを文身こむだらうよ
沈め (新字旧仮名) / 仲村渠(著)
大伴家持が、「病に臥して無常を悲しみ修道をして作れる歌」二首の一つである。「数なき」は、年齢の数の無いということ、年寿の幾何もないこと、幾ばくも生きないことである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
石油を一杯詰めて城の中へ投げる。さうすると向ふへ行つてぽんと彈くです。それを持つて居りますし、それから石を入れる袋を持つて居ります。是れは城のを埋める時に用ゐます。
元時代の蒙古人 (旧字旧仮名) / 桑原隲蔵(著)
ころぶようにして漸くそこまで辿りつくと、吉村視学は蕃人蜂起のことをすぐに電話で埔里郡役所に伝えた。事件が外部へった第一報である。
霧の蕃社 (新字新仮名) / 中村地平(著)
しかし、蕃人たちは既にそれよりさき、埔里武徳殿や、付近の桜温泉の新築やに賦役を命じられている。引きつづいて新しい賦役が与えられたことに不満である。
霧の蕃社 (新字新仮名) / 中村地平(著)
躑躅ヶ崎の信玄の館は文字通り館で城ではなかった。面積東西百五十六間。そうして南北は百六間。一丈ばかりの土手を巡らし一重のが掘られてある。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
曲輪を抜けを飛び越え、若い一人の侍が、森然と更けた町々を流星のように駈け抜けた時、折悪く道で邂逅った人はどんなに驚いたか知れなかったであろう。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
と云ったが、脊中の刺青がれまして滅茶になりましたから、直ぐ帰りに刺青師へ寄って熊にかえて貰い、これからの亥太郎と云われました。
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
以前から派手なのが嫌ひで、まだ若いのにあまり年増づくりだなどと言はれたのであつたが、その好みは今でも変らないらしく、黒繻子の帯に素銅の二疋鮎ののしてある帯留などをしてゐた。
時子 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
でなくてさえ強慾な石見守は、私腹をこやすためと家康のきげんをとるために、金坑掘夫をやとって八方へ鉱脈をさぐらせる一方に、甲斐百姓町人から、ビシビシと苛税をしぼりあげて
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
は火焔のとなり
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
掏摸の指でいても、倒れるような石垣や、蟻で崩れる穿って、河野の旗を立てていたって、はじまらねえ話じゃねえか。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
三時過ぎ、に帰りけるが、後に聞く所によれば、此日、市ヶ谷見付濠渠も、しき釣客なりしとぞ。
東京市騒擾中の釣 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)
樹の下を、草を分けて参りますと、処々窓のように山が切れて、其処から、松葉掻、枝拾い、じねんじょ穿が谷へさして通行する、下の村へ続いたのある処が、あっちこっちにいくらもございます。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その遥かな街道は、小山の中腹を開いたのであるから、やや見上げるようになっていた。
玉菜ぐるま (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)