神州天馬侠しんしゅうてんまきょう
私は、元来、少年小説を書くのが好きである。大人の世界にあるような、きゅうくつな概念にとらわれないでいいからだ。 少年小説を書いている間は、自分もまったく、童心のむかしに返る、少年の気もちになりきッてし …
作品に特徴的な語句
対峙たいじ 愚弄ぐろう 夜叉やしゃ 脾腹ひばら 敵愾心てきがいしん 有頂天うちょうてん 野分のわき 鍛冶屋かじや 無駄むだ 足駄あしだ 修羅しゅら いそ 稲妻いなずま 諏訪すわ 離室はなれ 納得なっとく 越後えちご 凄味すごみ 女々めめ かば 祇園ぎおん 采配さいはい 勇気ゆうき 海月くらげ ひえ 素足すあし 駿河するが 鬱憤うっぷん 公達きんだち 坩堝るつぼ 天秤てんびん 石垣いしがき 詰問きつもん 喉笛のどぶえ 断乎だんこ 覚悟かくご 麾下きか 立場たちば 脱兎だっと 藁草履わらぞうり 逐電ちくてん 韋駄天いだてん ひよどり 夕闇ゆうやみ 木蔭こかげ 供養くよう 畢生ひっせい 脚下きゃっか 金槌かなづち 布子ぬのこ 下卑げび 人足にんそく 櫛巻くしまき たみ 蔓草つるくさ 伊豆いず 和泉いずみ 布令ふれ 撞木しゅもく 未練みれん 井戸いど 伊勢いせ 化身けしん 秩父ちちぶ しば 足蹴あしげ 近寄ちかよ 喊声かんせい 寵愛ちょうあい あかね 沙漠さばく 幔幕まんまく なつめ 波瀾はらん 芝生しばふ さか すぎ 浮世うきよ 発心ほっしん 籠手こて 山羊やぎ はく 人非人にんぴにん 十重二十重とえはたえ 手蔓てづる 旱魃かんばつ 枇杷びわ 生木なまき 白木しらき ろく 花片はなびら 蛆虫うじむし 血汐ちしお さかい 大喝だいかつ 目貫めぬき 先途せんど 度胆どぎも 本意ほんい 清冽せいれつ