神州天馬侠しんしゅうてんまきょう
私は、元来、少年小説を書くのが好きである。大人の世界にあるような、きゅうくつな概念にとらわれないでいいからだ。 少年小説を書いている間は、自分もまったく、童心のむかしに返る、少年の気もちになりきッてしまう。——今のわたくしは、もう古い大人だ …
作品に特徴的な語句
ショウ イダ ヘン 眩暈よっ せん ぼう ライ さい アク べん 歩行ほこう ざむらい せい ねご ごえ ぴら たん あかし しあわ とう しゅん えん げん がん ぱつ ぱつ 主家しゅけ 上部かんべ うし 殿てん ほろぼ 重量じゅうりょう 幼少ようしょう じゃく ぞめ ぱん 容貌かおかたち 御座みざ がた 嬰児おさなご 児童わらべ がえ ぺん 灯明ほあか ぽう おわ 水晶ずいしょう 好事こうじ 金光きんぴか しゅう ぱい ごう ゆう ぱし じょ こう 干魚ほしか ふくろ しょ 喬木キョウボク けい ねっ 香花こうか しょう うわ ばら 亭主おやじ ちょう さだめ ごん 水草みずぐさ 気合きあ