“理”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わけ31.5%
ことわり29.6%
20.7%
ことわ3.9%
もっとも3.4%
おさ2.0%
1.5%
ことはり1.5%
をさ1.5%
うべ0.5%
きめ0.5%
こと0.5%
なお0.5%
はず0.5%
0.5%
もっと0.5%
ゆえ0.5%
コトワリ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
百にも、おしげにも、がわからなかったのである。兄弟子たちは、出てゆく百へうしろ指をさして、手癖がわるいとささやき合った。
野槌の百 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
未だ浮世れぬ御身なれば、思ひ煩らひ給ふもなれども、六十路に近き此の老婆、いかでしき事を申すべき、聞分け給ひしかや
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
勝家愚将ではない、ましてや分別もじゅうぶんな年ごろ。のとうぜんに、やり場のない怒気が、うめきとなって口からもれる。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
不幸とやいわん、不便とや申すべき。されども五倫の道筋も相応に心掛けて、君臣父子のりもえざるはありがたきことならずや。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
「恐らく神隠しに会ったのであろう」「いや天狗にわれたのであろう」——などと人達は云い合ったが、これまた云う方がであった。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
大難がろうとしている、諸君が善くめるといっても、これはどうすることもできない
富貴発跡司志 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
古るい人に先だたれ、新らしい人に後れれば、今日明日と、その日にる命は、い。……
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
我はかゝる問者に答へかつかゝる告白をなすをえんため、淑女の語りゐたる間に、一切のをもて備を成せり 四九—五一
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
男子幾人か之に應じてヱネチア、ヱネチアと反復せり。そはかの少女の頗る美なるが爲めなり。われは絃をめて、先づヱネチア往古の豪華を説きたり。
聖代には麟鳳來儀仁君の代には賢臣るとなるかな我が徳川八代將軍有徳院殿の御代に八賢士あり土屋相摸守松平右近將監加納遠江守小笠原若狹守水野山城守堀田相摸守大岡越前守神尾若狹守是なり然るに其有徳院殿の御代享保二年大岡越前守町奉行と成始めて工夫のきあり其原因を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
その年月がどうしてわかるかといへば、ゑつけた記録によるには、つて、生地てゐるつもつてゐるそのへてみるとわかるのです。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
と清之介君はけて頼んだ。
女婿 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
客の羽織の襟が折れぬのをしながら善吉を見返ッたのは、善吉の連初会で二三度一座したことのある初緑という花魁である。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
人がのない事を(眠っていても出来る)と言うが、その船頭は全くそれなのだ。よく聞いて見ると、そのさ。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
かれにしては、これは稀有なほど、激越なことばであった。民部には、またじゅうぶんな敗数のが見えているか
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「いかさまそれはもである……しかし、どうだな、ありそうかな?」
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
あるかな、今宵はに来客ありとて、饗応の支度、拭掃除、あるいは室の装飾に、いずれも忙殺されつつあり。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
盛者必衰ノ、とそれを歌った古人の世界観が現代にもあてはまるかどうかしらないが、個人にものがれえない死があるから
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)