“ゆえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ユエ
語句割合
95.4%
所以2.3%
湯江0.8%
0.4%
湯坐0.4%
0.4%
理由0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それ新潮社の翻訳は定評があるとか、杜撰なものであるとか、そんな評判はよく聞く処であるが、私は少しもそれに耳をかさない。
翻訳製造株式会社 (新字旧仮名) / 戸川秋骨(著)
所以ある、主税のその面上の雲は、河野英吉と床の間の矢車草……お妙の花を争った時から、早やその影が懸ったのであった。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
日向国東諸県郡の本庄や、薩摩国日置伊作や、肥前国北高来湯江村や、まだ色々の個所がありますが、九州第一の紙の郷土は筑後国八女郡でありまして、矢部川に沿う村々で盛に漉かれます。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
『淵鑑類函』に扶南王范尋常に虎五、六頭鰐魚六頭をい、訟あって曲直知れぬ者を投げ与える、さて啖われた者は曲、啖われぬ者は直とする、穢貊の人虎を祭りて神将とするはあるなり
凡川内の國の造・額田部の湯坐の連・木の國の造・の田中の山代の國の造・ウマクタの國の造・道ノシリキベの國の造・スハの國の造・倭のアムチの造・高市の縣主・蒲生稻寸三枝部の造たちの祖先です。
あるかな、今宵はに来客ありとて、饗応の支度、拭掃除、あるいは室の装飾に、いずれも忙殺されつつあり。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
老父の慨嘆も、理由なきではない。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)