“せい”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:セイ
語句割合
所為10.5%
8.1%
7.9%
7.5%
6.7%
6.4%
6.1%
4.5%
4.0%
身長3.8%
3.2%
背丈3.1%
3.0%
3.0%
2.3%
2.2%
1.8%
1.7%
1.5%
身丈1.2%
1.0%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
0.5%
0.5%
西0.5%
0.4%
0.4%
所爲0.4%
0.3%
故為0.3%
0.3%
脊丈0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
所以0.2%
0.2%
故意0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
勢以0.1%
0.1%
姓氏0.1%
左様0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
背位0.1%
0.1%
身幹0.1%
身材0.1%
0.1%
過失0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
午後になってから益々雲が多くなった、岳に近づいた所為もあろうがどうも空模様が面白くない。だ割合に雲が高いので心丈夫だ。
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
次第に短気のまさりて我意つよく、これ一つは年のには御座候はんなれど、随分あたりの者御機げんの取りにくく、心配を致すよし
ゆく雲 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「まだ面白い事があります首をると一寸ばかり延びるそうです。これはたしかに医者が計って見たのだから間違はありません」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
せ!』とちやんは一ぱいきなで、『其麽をすればちやんを使嗾けるからいわ!』とびました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
かれは文学と画とをせ学び、これをもって世に立ち、これをもってかれ一の事業となさんものと志しぬ、家は富み、年は若し。
わかれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
細身造りの大小、羽織の盛装に、意気な何時もの着流しよりもぐっとの高く見える痩立身体いまでに前の方にまっていた。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
音沢から来た二人の若い人夫は、此処は深いだで泳げるとか、が強いで泳げないとかいう意味のことを大声で口早に話し合っていた。
黒部川を遡る (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
ちゃん、あのおいているはなんだかっている?」と、一人が、まって垣根からのぞこうとしたのでした。
子供どうし (新字新仮名) / 小川未明(著)
彼はの短いがっしりした体格の男で、強固な意志が眉宇の間に窺われ、ニューヨークの暗黒界に於ける一大勢力であった。
変な恋 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
僕は先生の部屋でいつの間にか泣寝入りをしていたと見えます。少しせて身長の高い先生は笑顔を見せて僕を見おろしていられました。
一房の葡萄 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
單純なレウマチス頭痛ではあつたが、平生から神經質であつたので、かり醫者んでもなか/\なほらない。
寒山拾得 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
彼の風采は、割合に背丈が高いというぐらいのことで、普通の人間の眼には別にどこといって変わったところは見えなかった。
「えゝから、よきげめさせろ」勘次はおつぎをした。三他人いてない闇夜小徑うして自分つた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
孔子は十二君に歴事したりといい、孟子が宣王に用いられずして梁の恵王をすも、君にうること容易なるものなり。
徳育如何 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
といって、ちていたニッケルのハモニカをげました。それはいつか太郎いているのをえがあるのでした。
雪の国と太郎 (新字新仮名) / 小川未明(著)
元來身分分類で、へば宿禰朝臣などのであり、家系分類で、へば藤原菅原などのである。
誤まれる姓名の逆列 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
伯夷量何ぞきというに至っては、古賢の言にると雖も、なる者に対して、忌憚無きもしというべし。擬古の詩の一に曰く
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
元洋もまた杉田門から出た人で、後と称して、明治十八年二月十四日に中佐相当陸軍一等軍医を以て広島に終った。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
と、いうや否、高手小手に縛ってしまったので、さすがの孟獲も、うぬッと、一吠えたのみで、どうすることもできなかった。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また、彼女はこの間一人の伯爵夫人と一人の華族様とを見たが、その貴公子は「ちょうどピータア位の身丈恰好であった」
中番頭から小僧達まで、一が一った。が、徳太郎暖簾口から見世みつけたまま、返事もしなかった。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
州に老人というのがあって、薬を売るのを家業とし、常に妻と妾と犬とを連れて、南康県付近を往来していた。
驛名を書いた立札の雨風にされて黒く汚れたのが、雜草の生えた野天のプラツトフオームに立つてゐる眞似事のやうな停車場を、汽車は一汽笛とゝもに過ぎ去つた。
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
亥之吉は小原鉄心の一行に随って参州吉田に赴きその父をして直に名古屋に還ったのである。『亦奇録』に曰く
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
その当時、武平県の農民劉義という者が官に訴え出た。自分のが奸夫と共謀して、兄の劉を殺したというのである。
一国の文明は、政府のと人民の政とながらそのを得てたがいに相助くるに非ざれば、進むべからざるものなり。
学者安心論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
通称は三右衛門である。六の祖重光が伊勢国白子から江戸に出て、神田佐久間町に質店を開き、屋号を三河屋といった。当時の店は弁慶橋であった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
ルオフ・メリコフ——三十二歳、白系韃靼人。ギリシャ正教徒。前近衛中隊長。西の各国語に通じ、少しくビルマ語をも解す。兄はビルマ在住の貿易商。
戦雲を駆る女怪 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
元来はであるべき大地の一角に陥欠が起って、全体が思わず動いたが、動くは本来の性にくと悟って、めて往昔の姿にもどろうとしたのを、平衡を失った機勢に制せられて
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
誰に罪があるのでもないが、子供の時に甘やかされた心の殘つてる所爲か、何か洩らさずにはゐられぬ不快のある時、母をいぢめるのが何時からとなく私の癖になつた。
不穏 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
建文元年正月、燕王長史葛誠をして入って事を奏せしむ。、帝の燕邸の実を告ぐ。こゝにて誠をりて燕にらしめ、内応をさしむ。燕王って之に備うるあり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
私の故為でそうなった事を知って
アイヌ神謡集 (新字新仮名) / 作者不詳(著)
のように八きて、書物しんでんでいたが、このしい書物えぬので、古本ばかりんでいるか、以前程には興味ぜぬ。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
いかなる詩句といえども、画像の絵具面といえども、彼女の美を写してはいませんでした。彼女はやや脊丈の高い、女神のような形と態度とを有していました。
〔譯〕周子とす、本體を守るを謂ふなり。※説に、「無し故に」と自註す、程伯氏に因つて天有り。叔子する工夫も亦に在り。
その肩の辺にれかかった崩れた髪の乱らがましさ、顔を隠した袖を抜けてクッキリと白い富士額、腰細く高く、とを備えた風情には、人を悩ますものがある。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
(二七)桓公少姫つて、のかたふ。管仲つてち、(二八)包茅の・周室入貢せざるをむ。桓公のかた山戎す、して管仲つてをして召公めしむ。
その室は、光琳風の襖絵のある十畳間で、左手の南向きだけが、縁になっていた。その所以でもあろうか。午後になって陽の向きが変って来ると、室の四隅からは、はやりが始まって来る。
絶景万国博覧会 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
するのみならん 他年東海長鯨を
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
常七はの眼の故意ではないかと思って舟の中を見直した。それでも物の影はなかった。
八人みさきの話 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
総宗家の弟は有信が深川の家に来り寄るべきではないから、長左衛門は妻党の人で、正しく謂へばであらうか。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
其死が夫人、あなたをはじめとして全世界に彼様警策を与えることが出来たでしょう乎。最後臨終あるが為に、先生等身の著作、多年の言説に画竜じたのではありますまい乎。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
新撰字鏡に鮭の字をしゝはと字のたるを以て伝写りをへしもしるべからず。河豚の事なるをや。下学集にも干鮭せり。
るに、鮮鱗はことさらに魚臭きものゆゑにやあらん。鯸鮐の一名ともいへばにはいよ/\し。とまれかくまれの字を知りて俗用にはの字を用ふべし。
解はに刀に牛なり。牛の字をに誤るが多し。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
さんとも、もう永久に会われない、これまでは、毎日のように顔を合さないまでも、不思議な夢の中では、楽しみをつくしておったが、明日この土地を離れるが最後
倩娘 (新字新仮名) / 陳玄祐(著)
姉の勢以子は外御門命婦に行き、七十くらいになっていた母堂が鼻緒の壺縫いをするというあっぷあっぷで、安部は学習院の月謝をいくつもためこみ
予言 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
女王樣不幸賓客死刑にせよとぜられる金切聲えました——も一度公爵夫人をし、皿小鉢りにけました——びグリフォンの
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
公卿たちの頭には、姓氏や家門というものが、人を見るよりも先に支配する。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ウン。野郎……元ッカラ本職だったかも知んねッテ左様云ってッケンド……いつも仕事をブッタクリやがった癖に挨拶もしねえでえちまった罰当りだあ。今にキット捕まるにきまってら」
老巡査 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
なんだ生若え身で耳抉りを一本差しゃアがって、太神楽見たようなをして生意気な事を云うねえおッちゃア青二だ、鳥なら雛児だ、手前達に指図を受けるものか
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
かつて御史ありての自らにすることをしけるに、帝かずして曰く、人に任ずるならざれば功を成すわず、んや大将は一辺を統制す、いずくんぞく文法にらんと。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
爺「へい、あんた無沙汰をしやんした、あんたに見せべえと思っていた青爪で、三五ヶ月になる馬で、いゝ馬だ、今見せるから待って下せえ」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
阿部伊勢守正弘の家来伊沢磐安黒田豊前守直静の家来堀川舟庵、それから多紀楽真院門人森養竹である。磐安は即ち柏軒で、舟庵は『経籍訪古志』のに見えている堀川である。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
。——また
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
だから一寸の五十二倍もあります、しかし背位は低い方です、なぜなら僕は学校の同級生と隊列を作った時に、真ン中よりも後の方になるからです、結局大きさは絶対ではありません
宇宙爆撃 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
アカネは茜という字を書きますが、この字の音はではなくてでなければならぬ。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
と夜具をりにかかる女房は、身幹の少し高過ぎると、眼のりの薄黒く顔の色一体にえぬとは難なれど、面長にて眼鼻立あしからず、り立てなばに見ゆべき三十前のまんざらでなき女なり。
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「さやうでございますよ、年紀四十ばかりの蒙茸髭髯えた、身材の高い、い顔の、で壮士みたやうな風体をしておでした」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
大をといい、逝を遠といい、遠を反という。
茶の本:04 茶の本 (新字新仮名) / 岡倉天心岡倉覚三(著)
凡夫の悲しさ、源はその日のことを馬の過失にして、さんざんに当り散した。丁度、罪人をつ獄卒のように、残酷な性質を顕したのです。馬に何の罪があろう。
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
まだの境をうろついていた女には、それほど世界が廻っているとは見えなかったらしく
大菩薩峠:31 勿来の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
せえからでだでいうておくがな、阿母さまもお亡なりになったけえ、この家の財産も、みんなで分けて置くがええと思うから、兄弟三人で三つに分けることにしたで
仁王門 (新字新仮名) / 橘外男(著)
「二十九日。微雨。午ニ近クヲ放ツ。八丁目ニル。民舎ノ機杼伊トシテ相響ク。コノ間古昔信夫文字摺ヲ出セシ所。今ニ至ルモ蚕桑ヲ業トシ多ク細絹ヲ産ス。(中略)桑折ノ駅ニ宿ス。」
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
和尚の学語編にはの字を出されたり、はあさぢと也。字書にはは大口細鱗とあれば鮏にるゐせるならん。字彙にはの本字にて魚臭といふ字也といへり。