“垣根”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かきね98.4%
くね1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ふいに、兄様が帰るとか、人が訪ねてくるといけないから、外を見ていよといわれて、いつも、垣根の所に、立っていただけです」
無宿人国記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
卯平久振故郷へた。彼等門松とをさなけて垣根入口てたのみである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
此間だつて兼が出だす晩にも後で氣がついて見りや裏の垣根のあたりに二人ばかりうろ/\して居たんだがおらちやんと見當がついてんだ。それぢやおれだつていめえましかんべえ。
芋掘り (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
細かい縞の足利織では有りますが、一寸気の利いた糸入の単物に、紺献上の帯を締め、表附のノメリの駒下駄を穿き、手拭を一寸頭の上へ載せ、垣根の処から這入って後姿を見て
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)