“杙”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くい67.6%
くひ26.5%
かし2.9%
ぐい2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その入口らしい処にはただ粗末な二本のが建っているばかりでの様子を覗いたけれど、ただ一人の土方等の姿すら見えなかった。
暗い空 (新字新仮名) / 小川未明(著)
卯平久振故郷へた。彼等門松とをさなけて垣根入口てたのみである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
あだなる戀の
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
貞固は妻と六歳になるとを連れて来て、百本の側にがせた舟の中にして置いて、独り上陸したのである。さて差当り保と同居するつもりだといった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)