暗い空くらいそら
太い、黒い烟突が二本空に、突立ていた。その烟突は太くて赤錆が出ているばかりでなく、大分破れて孔が処々にあいている。ちょうど烟突は船の風取のようだ——私が曾て日清戦争や日露戦争に行って来た軍艦の砲弾に当って破れた風取や捕獲した敵艦の風取だとい …
作品に特徴的な語句
のぼっ そっ よごれ みよ でる かたむい むい じん はう 突立つきたっ ひから すん どう おもわ みる 失策しまっ たっ みえ ほと いず とら のぞき せい おか つらな さか いど つけ わめ おり たず 斯様こんな 相違ちがい におい かさな けん なか 咽喉のんど 彼方あちら 彼様あんな かんじ かか つか すて 敏捷すばしこ ちら 暗愁あんしゅう しば 此度こんど ほて さかん すぐ くら 破間やれま 穿うが 落付おちつき なか 見定みさだめ 見落みおろ 豆圃まめばたけ にわか 鉄槌てっつい 頭髪かみのけ とん 黒烟くろけむり 一分いちぶ 一歩ひとあし 三歩みあし 中空なかぞら 二歩ふたあし 人気ひとけ たたず 何処どこ 其様そんな 其等それら 冷笑あざわら 処々ところどころ 出歯でっぱ 勾配こうばい 周囲まわり 四辺あたり ほか はじめ あな 廃井はいせい 彼処かしこ 怒鳴どな くら さら