“処々”のいろいろな読み方と例文
旧字:處々
読み方割合
ところどころ66.7%
しょしょ16.7%
ところ/″\8.3%
しよ/\4.8%
ところ/\1.2%
おりおり1.2%
ところところ1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何万年のい間には処々水面から顔を出したりまた引っんだり、火山灰や粘土が上にったりまたそれがられたりしていたのです。
イギリス海岸 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
謡曲のでも比較的芝居がかりに出来ている安宅等ですら、処々三四行乃至十四行要領の得悪い文句が挿まっていて
謡曲黒白談 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
まだ、朝早き、天守からをかけてつて、処々物凄じくて、つてさうなのは、かすのではない。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
自然主義をはきちがへて、魂を失つた人間の多いのを私は処々に見る。しかし、これは自然主義の罪ではない。又その責任でもない。
墓の上に墓 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
幼い頃見た写真がすぐ思出された。けれど想像とはで違つてゐた。野梅の若木が二三処々に立つてるばかり、に樹木とてはないので、だか墓のやうな気がしなかつた。
父の墓 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
えてものの正体はだか知らぬが、処々ういふ悪戯をすると、猟夫の話。
雨夜の怪談 (新字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
天柱くだけ地維かくるかと思はるる笑ひ声のどよめき、中之町の通りはに方角の替りしやうに思はれて、角町京町処々のはね橋より、さつさ押せ押せと猪牙がかつた言葉に人波を分くる群もあり
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)