父の墓ちちのはか
停車場から町の入口まで半里位ある。堤防になつてゐる二間幅の路には、櫨の大きな並木が涼しい蔭をつくつて居て、車夫の饅頭笠が其間を縫つて走つて行く。小石が出て居るので、車がガタガタ鳴つた。 堤防の下には、 …
作品に特徴的な語句
鍛冶屋かぢや 錦絵にしきゑ 木蔭こかげ 藁葺わらぶき 梶棒かぢぼう 百日紅さるすべり 衣桁えかう はし 茅葺かやぶき 田圃道たんぼみち のき はぜ 苦痛くるしみ 幾本いくほん 御膳おぜん 其夜そのよ 工場こうば おさ 田畝たんぼ 八代やつしろ 建前たてまへ 其中そのうち 死屍しゝ 燈明とうみやう 御国みくに 機関からくり 思出おもひだ 老松らうしよう 振返ふりかへ 大通おほどほり 山水さんすゐ 交叉かうさ くさり 鉄槌てつゝち 下婢かひ 石摺いしずり 舞台シーン 饅頭笠まんぢうがさ 尽頭はづれ 死別しにわか 其間そのあひだ 御船みふね 旅店やどや 家屋かをく 昼食ちうじき みまは 夕餐ゆふめし 馬場ばゞ 客待きやくまち 幾軒いくけん 饅頭屋まんぢうや 打附うちつ 子供心こどもごゝろ 広葉ひろば 巷路かうぢ 消磨せうま 胸部むね 二枝ふたえだ 人相見にんさうみ 大名縞だいめうじま 征旅せいりよ 盆燈籠ぼんどうろ 野梅やばい 成長おほき 其傍そのかたはら 葉茶屋はぢやや 烟筒えんとつ 木標もくひやう 年月日ねんぐわつひ
題名が同じ作品
父の墓 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)