父の墓ちちのはか
停車場から町の入口まで半里位ある。堤防になつてゐる二間幅の路には、櫨の大きな並木が涼しい蔭をつくつて居て、車夫の饅頭笠が其間を縫つて走つて行く。小石が出て居るので、車がガタガタ鳴つた。 堤防の下には、処々に茅葺屋根が見える。汚ない水たまりが …
作品に特徴的な語句
おとつ つくり しやう ぢゝ ばた どん おつか まゐり をだや みづ から 鉄槌てつゝち おん あじは だし おろ おやぢ ちう ほう むづ たち へだゝ たい とほり かふ もつ あぢは 丁度てうど さかり ぢい 死屍しゝ よこたは にほひ ぼん なまめ まづ おもひ すゝき たづ いへ 夕餐ゆふめし ちり とほ あつま あひだ 馬場ばゞ あづか 打附うちつ ぜん 其傍そのかたはら あが ぐらゐ みん なに ちやう げん あた けん 大通おほどほり 燈明とうみやう あきら 昼食ちうじき 消磨せうま 老松らうしよう くるし ひろ ひよう 老爺おやぢ 衣桁えかう 表面おもて 胸部むね はゞ 何方どつち 舞台シーン 手拭てぬぐひ すさま 葛籠つゞら くらゐ ゆびさ まく 苦痛くるしみ 旅店やどや 昨夜ゆふべ はれ しば くもり くる 木標もくひやう しろ おさ 筒袖つゝそで 丁度ちやうど
題名が同じ作品
父の墓 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)