“豹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひょう86.0%
へう9.7%
ひよう2.2%
ヒョー2.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
立ち昇る白煙の下を、猛獣は剥製のようにピンと四肢を伸ばして、一転、二転、三転し、に長々と伸びたまま動かなくなった。
人間豹 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
乘物の上下には爪折傘二本を指掛簑箱一ツ虎皮の鞍覆たる引馬一疋の皮の鞍覆たる馬一疋黒天鵞絨に白く葵の紋を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
田舎のお祭によく見るやうな見せ物——大鱶、のぞき機関、活動写真、番台の上の男は声をして客を呼んでる。
父の墓 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
時にはバルザックがかいたについてのロマンティックな物語を書き直したりするところもあるが、大体はまともな記述をしています。